暗所視認性を改善するシステム
Night Surround Vision (NSV)

  暗所での視認性を劇的に改善する光線照射技術

人間は光のない環境では、ものの形、色、存在を判断することはできません。このため、暗いところで人間が活動するためには、懐中電灯やヘッドライトなどに代表される灯具、すなわち照明が欠かせません。最近ではHIDランプや高出力白色LEDの登場により、極めて輝度の高い照明を手に入れることができるようになりました。しかし、いくら輝度の高い照明が普及しても、やはり人間の暗所における物体の検知能力は日中に比べ極端に下がってしまい、例えば夜間の交通死亡事故の件数は、日中の約3倍にものぼるというデータがあるほどです。

明るい懐中電灯を使っているにもかかわらず、闇夜で物が見にくい。これには、「
人間の目の仕組みによる限界」と「脳の処理の仕方に起因する限界」の二つの要素が複雑に絡み合っています。本技術は、この二つの要素を逆手にとることで、暗所での視認性を劇的に改善することができます(特許第6202241号「暗所視認性を改善するシステム」)。

大気圧プラズマの研究において、分光法は極めて有力なツールですが、外光を嫌うため測定を暗室で行うことが少なくありません。本技術の導入により、暗室での作業環境、作業効率の改善が期待できます。


  New! 2018年7月10日
  株式会社サンラインより、民生用のシステムが発売されました。