プラズマコンセプト東京の独自性:
   「マルチガス」「ダメージフリー」「温度制御可能」
                 な大気圧プラズマ装置
   「超高速」「超低温」
     のプラズマコーティング,親水化,クリーニング,殺菌

 現在市販されている大気圧プラズマ装置のほとんど全ては,ヘリウム,アルゴン,窒素,空気など,使用できるプラズマガスに制限があります。弊社では,あらゆるガスをプラズマ化できる,「マルチガス」を一つの重要なキーワードとして大気圧プラズマ源を開発しています。マルチガス化によって所望のガスで自由にプラズマを生成できるため,親水化や接着性の向上だけでなく,コーティングや殺菌処理などの可能性が大きく広がります。
 また,低温かつ放電損傷のない,「ダメージフリー」なプラズマ源を開発しています。ダメージフリープラズマ (弊社登録商標) では従来の半導体やプラスチックだけでなく,金属,繊維,紙,生体等へも高密度プラズマ処理を適用する事ができます。
 2011年10月,零下90℃〜150℃まで1℃以内の精度で
「温度制御可能」なプラズマ源を開発しました。温度制御プラズマは,熱に弱い素材へのプラズマ照射や,目的とする化学反応に最適な温度でのプラズマ処理を可能にします。
 さらに,プラズマ照射部を手で持って照射できる
「ハンディ」なプラズマ源を開発しています。もちろん,ロボットを用いて精密に移動・照射する事も可能です。平板やシートだけでなく,複雑な形状の対象へのプラズマ照射が可能になります。
 そして,これらのプラズマを用いた
「超高速」かつ「低温」のコーティング,親水化,クリーニング,殺菌,接着性・塗装性向上技術を開発・提案しています。




温度制御プラズマの開発に成功

マルチスリット-マルチガスプラズマ
の開発に成功


大面積マルチガスプラズマの開発に成功
250 x 90 mm

シャワーヘッド-マルチガスプラズマ
の開発に成功


繊維の濡れ性評価用自動巻き取り装置

繊維を一定のテンションで密巻きすることで,
濡れ性・接触角を容易に評価できます

 PCT News


◆ 弊社の大気圧プラズマ樹脂改質技術を用い、株式会社サンラインにより開発・製 造された釣糸がPitman Creek(KY, USA)の展示会でBest of Products賞を受賞しました(2017.10.17)詳細はFacebook
◆ 宮原秀一CEOが東京工業大学科学技術創成研究院特任准教授に昇任しました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします(2016.8.1)
◆ 弊社の装置を使用した研究がが平成28年度日本分光学会年次講演会において
若手ポスター賞を受賞しました「マイクロ粒子を用いた単一細胞分析用ドロプレットICP発光・質量分析装置の評価」 (2016.7.30, 阪大)
◆ 弊社の装置を使用した研究が第76回分析化学討論会において若手優秀ポスター賞を受賞しました「外気混入低減を目的とした流量バランスICPトーチの開発および性能評価」(2016.5.29, 岐阜薬科大学)
◆ 弊社の装置を使用した研究が第76回分析化学討論会の展望とトピックス -地球と人間の未来をみつめる分析化学- に選ばれました「さわれるプラズマで表面付着物を超高感度に分析」(2016.5.20)
◆ 弊社の装置を使用した研究が平成27年度電気学会東京支部神奈川支所研究会において優秀論文発表賞を受賞しました(2016.2.23, 横浜国大)
◆ 弊社の装置を使用した研究が日経産業新聞で紹介されました「五輪見据えテロ対策 東工大と科警研 有毒ガスすぐ分解 現場でプラズマ使用」(2016.1.4)






 技術資料ダウンロード

 「大気圧プラズマ装置の開発と高度利用」(pdf形式)


 Link


  
プラズマ分光分析研究会

  
    プラズマコンセプト東京は科学者維新塾御茶ノ水を支援しています